在仙ライター生きていく日記

「きれいごと」と言われても。

里雪と山雪

11月30日、一気に冬の空気になった夜の仙台です。

北東北では雪が降り始め、宮城県内の天気予報にも

雪だるまが現れるようになりました。

 

子どもの頃は、仙台の初雪は大体11月中旬、

12月上旬までに一度積もるかどうか、という肌感覚でしたが、

このところは初雪も遅くなっている気がします。

 

それで言えば、仙台の冬は以前もう少し寒く、

道も頻繁に凍っていました。

坂の多い街で育ったゆえに、

通学中に何度も転んで大変だったのですが、

最近は積雪で苦労するのは年に2、3度くらいですね。

 

仙台の積雪パターンは、

南岸低気圧による湿り気を帯びたドカ雪型と、

強い寒気の流れ込みで日本海側の雪雲が

奥羽山脈のブロックを突破するサラサラ雪型に

分かれると思っています。

俗に「里雪」と「山雪」とも言われますね。

(よく首都圏が混乱するのは前者です)

 

前者は30センチ前後のまとまった雪になりやすい一方、

気温も高いので溶けやすく、

後者は積雪こそ多くならないものの、

寒い分だけ凍結による影響をもたらしやすいのですが、

どうも後者が減っている感覚です。

地球温暖化のせいでしょうか。

 

ただ、

凍結路面は歩くのも運転するのも

本当に苦手なので、

多少のノスタルジーこそあれ、

実際にはあまり積もってほしくありません。

スキーやスノボをするタイプでもないですし。

 

今日は市内の東部をぐるぐる回りながら、

記事に必要な素材集めなどを行いました。

写真をたくさん撮りたかったのですが、

太陽が分厚い雲に隠される時間帯が長く、

どうやら撮りに行く日を間違えたようです。

 

これもまた、初冬を感じる出来事でした。

カレンダーの白いところ

11月29日、生ぬるい空気に覆われていた仙台です。

強い風と雨に、寒波襲来の予感を覚えます。

 

さて、ただならぬ疲労感により昨日も更新し損ねて、

習慣というものはアッサリと崩れるのだなと

実感しているところです。

このブログは方向性が迷子で

デザインもテキトーなままですが、

個人的には一日のリズムになってきているので、

ゆるゆると続けていければと思っています。

 

 

そんな疲労や天候の悪化も影響しているのでしょうか。

今夜は自分の仕事の進め方について、

モヤモヤと迷っています。

 

新しい仕事を取りに行くか、

それとも今ある関係性を優先して

安全運転で行くか。

 

経済的な問題もあるのですが、

それよりも今の自分の働き方やペースに

不安を感じています。

 

いくら調子に波があるとは言え、

一日を贅沢に使いすぎていると言いますか、

「忙しい」と言いながらも無駄にしている時間が

あまりにも多すぎるのでは、と。

 

スケジュールに余裕がある分、

急な案件にも対応できる柔軟さはありますが、

いずれにせよ「待ち」なので、

結果的に何もせず終わる時間が多くなってしまいます。

 

色々な背景はありますし、

今いただいているお仕事が最優先であることに

変わりはないのですが、

もうちょっと、頑張れる気がしているのですよね。

 

悩ましいところです。

時には仕事の話を

11月27日、少し冷えてきた仙台です。

青空のもとでクイーンズ駅伝が行われました。

ランナーの姿を見ることはできませんでしたが、

交通規制の間はクルマの量が減り、

(先月の大学女子駅伝の時もそうでしたが)

少し静かな街中に心地よさを感じました。

それでも人通りはかなり多かったですが…。

 

さて、フリーのライターと言っている割に

あまり具体的な仕事の中身を書いてこなかった

本ブログですが、たまには成果物についても

書いてみたいと思います。

 

宮城県ローカルの話にはなりますが、

このほど株式会社仙台経済界から発売となりました、

『仙台商圏2023年版』にて、一部のエリア特集・

企画ページの取材および執筆を

担当させていただきました。

www.senkey.co.jp

 

最近の地域の小売・流通業界の動向を総ざらいしつつ、

来年以降の変化を見据える特集です。

どこのページを担当し…

とは申し上げることはできませんが、

現在の仙台圏でも特に注目度の高いエリアについて、

かなり力を入れて書かせていただきました。

 

昔から都市開発やまちづくりの話題が好きで、

中高生時代から楽しく読んできた雑誌に

携わり、(おそらく)特ダネを出せたのは

仕事冥利につきると申しますか、

とても喜ばしいことです。

 

残念ながらAmazonで最新号を買うことができない

ニッチな雑誌ですが、

宮城県内であれば大抵の書店やコンビニ等で

お求めになれます。

私がどの辺りを担当したのかも想像しつつ、

お楽しみ頂ければと思います。

ファシリ癖

11月25日、爽快な青空だった盛岡でした。

仕事の先輩とともに、盛岡へ遊びに来ています。

酒が深くなったこともあり、

昨日はついに更新を1日スキップしてしまいました。

 

ずっと濃密なコミュニケーションを続けているので、

そろそろ疲れ気味で、自分のバッテリー切れも

近い予感がしています。

私は求められてもいないのに気を遣ってしまう性格です。

旅先に行けばツアコンとしての役割に徹し、

複数人の会話ともなれば「ファシリテーター」として、

話を円滑に回すためにあれこれ考えてしまいます。

酒の席ともなるとかなり気を遣ってしまいますが、

自分の酔いも加わってくるので思うように行かず、

焦燥感や自己嫌悪がメンタルを良くない方向へと

傾けがちです。

 

今回は気心の知れた人たちとの旅なので、

何ということは無いと高をくくっていましたが、

性格というものはそう簡単に変わらないものですね。

 

「電池切れ」を起こして、

露骨に不機嫌な表情を見せることの無いよう、

うまく調整しながら仙台に戻りたいと思います。

冬支度

11月24日、風のおさまった後は

穏やかだった仙台です。

 

今日は仕事もそこそこに、

昔からお世話になっている車屋さんに

タイヤ交換をお願いし、

冬支度を整えました。

 

明日はさっそく北の方へ出かけます。

道が凍るような寒さでは無さそうですが

安心に越したことはありません。

大切な方々をお乗せするので、

万全を期したいと思います。

腹満ち足りてこそ

11月23日、風雨が窓を叩く仙台です。

サッカーW杯の日本対ドイツのキックオフが

もう少しという時間に書いています。

今回は過去の大会に比べると、

事前の盛り上がりに欠けるのかなという

印象ではありますが、ドのつくミーハーな

小市民として、それなりに応援するつもりです。

 

勤労感謝の日なので、仕事をできることに

感謝を込めて原稿に取り組みました。

 

昼は郊外のインド・ネパール料理店に出かけ、

かぼちゃキーマカレーという、

名前からしてすでに美味しい予感しかしない

ランチを食べ、

期待以上のクオリティに舌鼓を打つなど。

 

天気の崩れでコンディションの悪化を

心配していましたが、振り返ってみれば

割と充実した祝日でした。

 

食の満足度が高い日は、だいたい良い日です。

 

調子の落ちていた数日前までは、外に出ても

食というものに積極的になれず、

コンビニの駐車場で菓子パンをむさぼるか、

ハンバーガーショップで脂質と糖質を

過剰摂取するかの生活でした。

当然、胃腸や肌もトラブル続きになり、

心身の調子もおかしくなっていく、

負のスパイラルに入っていたようです。

 

インドカレー(からのラッシー)が

胃腸に良いかは議論の余地がありますが、

メンタルの回復で

「美味しいものを食べよう」と思えるようになると、

色々なことがうまく回るようになるのかなと

気づいたのでした。

フッ軽VS非常ブレーキ

11月22日、穏やかに晴れていた仙台です。

道端の温度計は17度を表示していました。

それでも来月初旬には雪の便りがありそうで、

季節は確実に進んでいます。

 

今日は朝イチで散髪をし、

スッキリした頭で仕事を進める魂胆でした。

ところが、優先順位の低い業務を

「気分転換」のつもりで先に始めたところ、

存外に捗ってしまいました。

 

それはそれで悪いことではないのですが、

優先順位の高い仕事を進めないまま

「やった感」を得てしまったのが失敗です。

朝起きた時に目論んでいたタスク消化は、

明日に積み残しとなりました。

 

こんな調子でモヤモヤしていると、

余計なことも考えます。

真面目な調べ事から派生して、

新しい「案件」は無いかと検索の海に

迷い込むと、「これはアリなのでは!」と

思う条件の募集があったりするものです。

 

「泳げ!たいやきくん」の前にぶら下がった

美味しそうな餌(釣り針)そのものですね。

 

このところの情緒不安定により、

収入面など普段見て見ぬ振りをしている

不安が表面化しています。

すぐにでも新たなキャッシュポイントに

食いつきたくなり、実際にもう少しで

募集元にコンタクトを取ろうとしたのですが、

「いや、待てよ」とも思ったのです。

 

不安に駆られている時の

「新しいこと」ほど、

危ういものは無いぞ…と。

 

昔からメンタルがぐらつくと

衝動的になり、行動力が数倍になるのと

引き換えに冷静な判断力が何分の一かに

ガクンと低下します。

今まで何度無理なチャレンジに乗り出し、

後悔をしてきたことか。

 

今回は脱線寸前のところで

心の非常ブレーキが働いてくれました。

 

行動力や瞬発力のある人が礼賛され、

フットワークが軽いことは

一部の場合を除いて褒め言葉ではありますが、

「今だ!」と思った時にすぐ行動に移すのを

「我慢」して冷静に立ち止まることもまた、

社会生活を営む上では必要な能力なのではと、

改めて思わされます。

 

フットワークの軽さ自体は

自分の長所だと思っている節もありますが、

冷静な判断を欠いた「思いつき」は、

行動力のうちに入れないほうが良さそうです。